風俗嬢の仕草に惚れた

頼れる存在を見つけたからこそ

頼れる存在を見つけました。それはピンサロです。風俗もまた、いろんなバリエーションが楽しめる世界だと思うんですけど、予算との戦いもあるじゃないですか(笑)自分の欲望のままに楽しんでいたら、それこそ際限がないというか。だからこそ、じゃあ自分はどうするのか。でも回数を減らすのは勿体ないというか、自分なりにもっと楽しみたいなって思いもあるとなると、安い風俗という選択肢が出てくるじゃないですか。その答えがピンサロなんですよね。ピンサロであれば他の風俗と比べてもかなり安いのもあって、気兼ねなく使える頼れる存在だなってことに気付かされたんですよ(笑)それに、安い割には快感は本物ですよね。そこも気にいっています。安いから手だけとかだったら価値がないと思うんですけど、ピンサロはお口で抜いてくれるので、最低限、風俗に求めているものは満足出来ると思うんですよ。そのおかげで、ピンサロはいつしか「頼れる存在」になりました。

寂しい時だからこそ

風俗で遊ぶタイミングやシチュエーションはいろいろとあるんですけど、やっぱり寂しい時ですね。一人暮らしをしているとふと寂しくなる時があるじゃないですか。皮肉なもので、仕事をしている時の方がまだいいんですよ。だって忙しいと寂しさを感じている時さえないんですし。でも、休前日とか休日とか、割と気持ちの面でゆったり出来る時にはどうしても寂しさを感じてしまうんですよね。こればかりはどうすることも出来ないというか、考える余裕があるからこそ、寂しさが脳裏をよぎると思うんですよ。そんな時には別に我慢する必要もないので、風俗のお世話になるようにしています。むしろその方が絶対に良いじゃないですか(笑)我慢して悶々とするよりも、あるいは寂しいなとかセンチメンタルになるよりも、風俗で遊んでいる方が寂しさも紛れていいんじゃないかなって思いますけどね。だから自分なりにいつも適当に遊んでいるというか、寂しいときこそ風俗かなって。